おでこの汗が止まらない

暑くもないのにおでこの汗が止まらず、緊張すると余計に吹き出るので困っていました。

おでこの汗が止まらない

 

少し暑かったり緊張したりといったことで、おでこに汗が出て止まらなくなりました。

 

特に、営業中に緊張して出る汗で化粧が崩れ、何度もメイク直しをするのがストレスでした。

 

 

汗がでるたびに使う制汗シート。そんな事を繰り返すうち、おでこが真っ赤になったんです。

 

みっともなくて、ファンデでおでこを隠そうとしても、汗で流れてしまって隠しきれませんでした。

 

「真っ赤なおでこのトナカイさんだ!熱でもあるの?」と職場で冷やかされ、「仕事に熱中してるからよ」なんて切り替えしたものの、本当はとっても恥ずかしかったんです。

 

 

 

それほど暑くもないのに止まらないおでこの汗と化粧崩れに毎日うんざりでした。

 

「一体どうしてなの?もう絶対になんとかする!」と決心するしかなかったんです。

 

 

 

図書館で汗の本を数冊読み、毎晩1時間はネットで調べてたくさんメモもとりました。こんなに勉強したのは本当に久しぶりでした。

 

そうしてるうちに、おでこの汗の原因がわかり解決する方法にたどり着いたんです。

 

 

今ではもう、おでこの汗や化粧崩れに悩むことも、おでこが赤くなることもありません。

 

バンザイと叫びたいほど嬉しくて、メイク直しの必要もなくなったので、気持ちがとても楽になりました。

 

 

私がおでこの汗を止めた方法をご紹介します。

 

 

おでこにたくさんの汗をかく原因とは

 

おでこに汗をたくさんかく原因は3つあります。

 

  1. 汗をかく機能の低下
  2. 精神的緊張
  3. ホルモンバランスの乱れ

 

 

この中で特に多い原因が「汗をかく機能の低下」です。いつも適温の空調や運動不足で汗をかかない生活が汗をかく機能を低下させます。

 

精神的緊張やホルモンバランスの乱れなど複数が原因になっていることも珍しくありません。

 

 

汗をかく機能の低下でおでこの汗が多くなる理由

 

運動不足や空調の影響で汗をかくことが少ないと、汗をかく機能が低下して汗が出にくくなるので、体の熱が発散できず体にこもりがちになります。

 

 

熱が体にこもり体温が上がると体にダメージになるので、体は代謝を下げ血液の流れを遅くして体温を下げようとします。

 

しかし、代謝を下げ過ぎると命にも関わるので、汗腺が多くて機能している顔のおでこに汗を大量に出して体温を下げようとしているが「おでこの大量の汗」なんです。

 

化粧崩れが起きるのは、ドロドロの汗に含まれるミネラルや老廃物が原因。汗をかく機能を高めてサラッとした汗が出れば化粧崩れは起こりません。

 

 

おでこの汗対策のポイント

 

だから、おでこの汗を止める主な対策は、「汗をかく機能を高める」ことですが、同時にホルモンバランスの乱れや精神的緊張なども原因になっていることも多いのです。

 

汗の原因が3つのどれであっても、顔専用の制汗剤なら止めることができます。

 

まず最初におでこの汗を制汗剤でとめておいてから汗をかく機能を高めれば、モチベーションを保ちながらおでこの汗の本当の原因を解決できます。

 

最初に制汗剤でおでこの汗を止めておけば、後は時間がかかってもおでこの汗の原因を解決できるのです。

 

 

 

どんな制汗剤を選べば良いか?

 

 

顔に使う制汗剤ですから、汗の量をコントロールするだけでなく、敏感肌にも使える自然素材を多く含んだものを選ぶべきです。

 

その条件に合う顔専用の制汗剤がサラフェプラスでした。

 

 

制汗剤は価格が高く、もし効果がなかったらと考えるとためらってしまいました。初回980円で購入できるものは4回購入しないと解約ができず返金保証も無し。

 

サラフェプラスは、使い切っても返金保証があり、2回目からはいつでも解約できるとわかり最後は購入の背中を押してくれました。

 

汗をかく機能の低下に対する対策

 

汗をかく機能の低下は多くの汗で悩む人に見られます。他に精神的緊張やホルモンバランスの乱れも原因となっている可能性があっても、汗をかく機能を高めて代謝を高めることで他にも良い影響をもたらしてくれます。

 

次のような対策を行いました。

 

まず1週間ほど足湯、手湯を毎日10分ほど行って手足の汗腺をしっかり開きます。

足湯で足の汗腺を開く

 

お湯の温度は高すぎないように注意して40℃程度にするのがポイントです。

 

この温度で血管が開くので、汗腺もゆっくりと開くようになってきます。

 

1周間は継続してください。顔汗が減ってきた感じがあればもう一息です。

 

その次に有酸素運動のウォーキングをすることで全身の汗腺が開くようになりますう。

 

ゆるい有酸素運動が効果的なので、ジョギングではなくウォーキングがちょうどよいくらいです。

 

これで全身に汗をかくようになると、かなり全身の汗腺が良い感じに開きつつあります。

 

 

顔汗専用の制汗ジェル「サラフェプラス」を使ってみて

 

顔汗専用制汗ジェルサラフェプラス

 

本当に起こった嬉しい出来事。サラフェプラスを使って3〜4日目で、おでこの汗が随分少なくなったのには驚きました。

 

信じられないぐらいですが、それから3か月、もうおでこの汗には悩まなくなっていました。

 

朝お化粧の下地として塗れるサラフェは、忙しい朝でも手間がかからず使いやすくて重宝します。。

 

 

容器が小さいので、コソッとポーチに忍ばせ汗が出そうと感じたときにサッと取り出して手軽に使えるのがいいです。

 

何よりこれがあれば汗が止まると思うだけで、気持ちがスーッと楽になります。お守りみたいです。

 

 

営業先ではどうしても緊張するので、前もって一塗りしておくだけで、大丈夫。

 

「おやおや、赤いおでこのトナカイさんは、もうおでこが赤くないね。どうしたの?」って聞かれます。

 

「もう考えなくても仕事できるから、大丈夫。仕事楽しすぎるくらいよ」って答えてます。

 

 

気持ちがとても楽で軽くなって、最近は営業に行くのも楽しいです。

 

営業先でも、「笑顔が多くなったね。何か良いことがあったんでしょう?」と言われるようになりました。

 

 

>>顔用制汗剤サラフェプラスの詳細