おでこの汗を止める

おでこの汗にある対策をすることで、大量の汗を止めそれから解消できました。

おでこの汗が止まらない

 

それほど暑いわけでもないのに、おでこの汗が止まらない。

 

おでこに出るたくさん汗。ベタベタした汗で仕事中に化粧が崩れ、メイク直しに何度も行くのに気を使う毎日。悩みますよね。

 

ここでその悩みをスッキリと解決できる方法はご紹介します。

 

 

汗がでるたびに制汗シートで拭っていると、おでこが真っ赤に炎症を起こしたりしていたでしょう。

 

これを単純にファンデでおでこを隠そうとしても、ファンデがベタベタの汗で流れてしまって隠しきれないものなんです。

 

 

でもおでこの汗を簡単に止めてそれから原因から解消する方法はあります。それを紹介しますね。

 

 

おでこに大量の汗が出ることを解決するには、その原因を知ることが大事です。

 

 

おでこに大量の汗が出るのは、単純に体温調整のためだけが原因では無いと気づいていますか?

 

大量の汗の原因は3つあります。ただこれを病気として治療するかどうか迷う気持ちはわかります。

 

でも、次のような原因が生活の中で生まれてきたのなら、まず生活の中で解決することをおすすめします。

 

  1. 汗をかく機能の低下
  2. 精神的緊張
  3. ホルモンバランスの乱れ

 

おでこの大量の汗の原因がわからないと、メイク崩れもおでこの炎症も治せないんです。

 

 

おでこにたくさん汗が出る時は、「汗をかく機能の低下」が原因の中心としてあります。それに「精神的緊張」や「ホルモンバランスの乱れ」など、複数の原因が同時にあったりもします。

 

 

「汗をかく機能の低下」は、空調の使いすぎや運動不足で汗をかかない生活を送ることで起こります。

 

それが精神的緊張やホルモンバランスの乱れにも大きな影響を与え、更に大量の汗を出します。。

 

 

ただ、この「汗をかく機能の低下」を解決するには、時間がとってもかかってしまいます。想像してみてください。解決するまで、おでこの汗はダラダラ流れたままなんですよ。

 

 

それなら、まずはおでこの汗を止めておいてから、取り組んでみてはどうですか?即効でおでこの汗が止まっただけでも良しとするのもありでしょう。

 

 

だから根本的におでこの汗を解決してもしなくても、即効でおでこの汗を止めるのが先です。そんなアイテムがあれば、直ぐにでも使いたいですか?

 

 

まず、おでこの大量の汗を減らす対策から始めましょう。

 

  1. 1.おでこの汗を減らす
  2. 2.次におでこの大量の汗の原因を解消する

 

 

まず「おでこの汗」を減らしておくって大事ですよね。だって今すぐにでも「おでこの汗」を止めたくて悩んでるんですから。

 

おでこの汗を減らせれば、次に大量の汗の原因の解消にとりかかれば、モチベーションを保ちながら取り組めます。

 

そうすれば、時間がかかってもモチベーションを下げずにすむと考えて、取り組めますね。

 

 

 

今すぐに、おでこの汗を減らす方法

 

 

おでこの大量の汗の原因は色々ありました。その原因が何であっても、顔専用の制汗剤は確実に汗を減らせます。

 

 

顔に使う制汗剤は、汗の量をコントロールできて、敏感肌にも使えるほど自然素材を多く含んだものを選ぶと良いです。

 

 

その条件に合う顔専用の制汗剤を見つけることができました。

 

 

でも、制汗剤は価格が高いですね。実は、もし効果がなかったらどうしようと考えると、大抵の人が購入をためらってしまうものです。

 

もう1種類初回980円の制汗剤もあるので余計に迷ってしまいます。でも、4回購入しないと解約はできず返金保証もないものでした。

 

その点で、使い切っても返金保証があり、2回目からはいつでも解約できる顔の制汗剤が使いやすいものです。

 

 

塗ったその日からおでこの汗を止める制汗剤

 

制汗剤を塗った日からすぐにおでこの汗が減ります。そうすると気持ちが楽になって余裕ができ、根本的に鼻汗を解消する気持ちが強くなるでしょう。

 

 

即効でおでこの汗が止まったら、それからもずっと制汗剤を使うんですか?

 

 

おでこの汗の原因がどうであれ、すぐに汗を止められる制汗剤をこの先もずっと使うのも一つの方法です。

 

いずれは制汗剤も止めるために原因を解消することも選択肢としてあります。

 

 

>>返金保証のある顔用制汗剤の詳細

 

 

おでこの汗の原因解消には「汗をかく機能の低下」が主な原因

 

多汗症として治療するという考えも確かにあるでしょう。でも汗止めを処方されるぐらいのものですよ。

 

病気と考えずに、生活の中に原因を求めてみましょう。納得のいく副作用もない解決がしたいですからね。

 

 

「汗をかく機能の低下」するということは、汗腺が眠って汗が出にくくなるということです。。

 

そうすると、気温が上がり体温が上がっても、熱が発散できないので体にこもりがちになってしまいます。

 

 

熱が体にこもると体にダメージになるので、体は代謝を下げて体温を下げるようになります。

 

しかしそうは言っても、代謝を下げるのにも限度があるので、汗腺が多い顔から大量に汗を出して体温を下げようとします。これが「おでこに出る大量の汗」の理由です。

 

化粧崩れは、この時に出るドロドロの汗に含まれるミネラルや老廃物が原因なんです。

 

これがもし汗をかく機能が高くなると、サラッとした汗が出るようになるので、化粧崩れは起こらなくなります。

 

 

汗をかく機能を高めることが全ての原因を改善します。

 

 

「汗をかく機能を高める」と代謝が改善されるので、自律神経のバランスも良くなり「ホルモンバランス」も改善されます。すると「精神的緊張」で出る汗も減るというものです。

 

 

そこで、汗をかく機能を高めるために次の対策が有効です。

 

足湯、手湯で汗腺を開く

 

まず1週間ほど足湯、手湯を毎日10分ほど行い、手足の眠っている汗腺を開きます。

足湯で足の汗腺を開く

 

お湯の温度は高すぎないように注意してくださいね。40℃程度にするのがポイントです。

 

この温度で血管が開くので、汗腺もゆっくりと開くようになってきます。

 

1周間は継続してください。顔汗が減ってきた感じがあればもう一息です。

 

 

全身の有酸素運動、ウォーキングで全身の汗腺を開く

 

その次に有酸素運動のウォーキングをすることで全身の汗腺が開くようになります。

 

ゆるい有酸素運動が効果的なので、ジョギングではなくウォーキングがちょうどよいくらいです。

 

これで全身に汗をかくようになると、かなり全身の汗腺が良い感じに開きつつあります。

 

 

顔汗専用の制汗剤を使ってみて

 

顔汗専用制汗ジェルサラフェプラス

 

本当に起こった嬉しい出来事。顔の制汗剤を使って3〜4日目で、おでこの汗が随分少なくなるのに驚くでしょう。

 

朝お化粧の下地として塗れるサラフェは、忙しい朝でも手間がかからず使いやすくて重宝します。。
容器が小さくてコソッとポーチに忍ばせられるので、汗が出ると感じたときにサッと取り出して手軽に使えるのがいいです。

 

 

何よりこれがあれば汗が止まると思うだけで、気持ちがスーッと楽になりますよ。お守りみたいなものですね。

 

 

あなたが仕事でどうしても緊張して汗が出てしまう癖があっても、前もって一塗りしておくだけで、大丈夫です。

 

気持ちがとても軽く楽になり、仕事が楽しくなってくるでしょう。

 

営業先から「笑顔が多くなったね。何か良いことがあったんでしょう?」と言われるようになった人もいるくらいです。

 

 

お休みの日にはウォーキングを始めて汗をかく機能を高めたり、ゆっくりとお風呂に入ったりして汗を根本的に止める対策を楽しんでやってる女性もいます。

 

>>顔用制汗剤の詳細はこちらから